忍者ブログ

臓器移植コーディネーター - 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.07.20|コメント(-)トラックバック(-)

臓器移植コーディネーター


いわゆる臓器移植コーディネーターは、医療専門職になり、臓器提供の候補者が出た時、すぐに病院に駆けつけます。
また、実際に臓器を運んだり、移植後もドナーの家族への報告を臓器移植コーディネーターはしなければなりません。
また、移植チームとの調整も臓器移植コーディネーターが行い、移植を希望する患者登録やデータ管理も行います。

臓器移植コーディネーターの仕事は、精神的にもきつく、色んな面で神経を使わなければなりません。

臓器移植コーディネーターになるには、4年制大学を卒業していることが要件になります。
基本的に、臓器移植コーディネーターになるには、国家医療資格を持っていることが必要ですが、言語聴覚師の資格でもかまいません。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、臓器移植コーディネーターとは、移植において、提供者と移植者の間を調整する役割を持ちます。
つまり、臓器移植コーディネーターになるには、セミナーなどの講習会に積極的に参加して勉強する必要があります。
また、臓器移植コーディネーターとは別に、医療機関に所属する院内コーディネーターが全国に約1500人います。
医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の資格があれば、臓器移植コーディネーターになることができます。
PR

2013.02.28|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]