忍者ブログ

臓器移植での拒絶反応 - 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.07.20|コメント(-)トラックバック(-)

臓器移植での拒絶反応

臓器移植に関しては、様々な問題が懸念されていますが、術後で一番心配なのが、拒絶反応という問題です。
魂というのは、金太郎飴のように一様な存在ではなく、多重構造になっているので、臓器移植をすると、拒絶反応を起こしやすくなります。
臓器移植の際、リンパ球が、移植された他人の細胞を外からの異物と判断し、破壊しようとするから、拒絶反応が起こるのです。
あるいは、臓器移植の際、放射線を照射し、リンパ球の働きを弱めてから輸血をするようにしています。
本人が十分に納得していない段階で臓器を取り出して他人に臓器移植すると、霊体の一部も他の人に移植されることになります。
また、臓器移植の拒絶反応として、吻合血管の閉塞や胆管の縫合不全や狭窄、ウイルス感染などが起こることもあります。
輸血に伴う臓器移植の拒絶反応は危険なので、それを予防するため、輸血用血液からリンパ球を除いています。

臓器移植をすると、その人の魂が肉体のほうに移動し、憑依現象によって、拒絶反応が起きます。
つまり、臓器というのは、意識を伴っているから、臓器移植で、拒絶反応が起こるというわけです。
臓器移植した人が、あまり長く生きられずに死んでしまうのは、この拒絶反応によるものとされています。
PR

2013.02.25|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]