忍者ブログ

子宮頸癌の潜伏期間 - 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.23|コメント(-)トラックバック(-)

子宮頸癌の潜伏期間


子宮頸癌は定期的な人間ドッグや健康診断などの検診で、早期発見が可能です。
子宮頸癌の原因となるヒトパピローマウィルスは、皮膚と皮膚が接触することによって感染するウィルスで、通常、性交渉から感染します。
では、子宮頸癌の自覚症状が出るまでに癌に気づくことは可能なのでしょうか。
ヒトパピローマウィルスは100種類以上もタイプが有り、その中で子宮頸癌になるのは約15種類です。
この約15種類の発がん性ヒトパピローマウィルスの中でも16型と18型が特に感染が多く子宮頸癌になる確率が高いと言われています。
しかしながら、現在では、20代から30代といった若い女性が子宮頸癌にかかってしまうことが多くなってきています。
このため、子宮頸癌の予防ワクチンは16型と18型の感染を防ぐためのワクチンとなっています。
潜伏期間発見されないのなら受ける必要がないなんて思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
子宮頸癌検診は、自治体が実施している検診や、職場の健康診断、婦人科などで受けることができます。
1度の子宮頸癌検診で異常が発見されなかったとしても潜伏期間を考え、定期的に検診を受けるようにしましょう。
PR

2013.02.20|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]