忍者ブログ

臓器移植と脳死 - 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.23|コメント(-)トラックバック(-)

臓器移植と脳死


ただ、日本においては、脳死後の臓器移植の施術と言うのは、欧米と比べると、まだまだ少ないのが現実です。
臓器摘出が可能な死の時点は、脳機能の喪失ではなく、脳細胞の死滅を意味するもので、臓器移植との関連性が指摘されています。
これ以上治療しても助からない、という延命措置を停止する限界点を臓器移植は越えることになります。
死という事実は絶対的なものである必要があり、脳死と臓器移植は、切っても切り離せない関係にあります。
他の人から臓器提供を受け、臓器移植をすることで、臓器の機能回復を図ろうというものになります。

臓器移植は、技術革新により、脳死後にでもできるようになったことで、以前よりも格段に移植できる幅が広がりました。
基本的に、臓器移植といいうのは、働きが失われた臓器に対して、他人か臓器の提供を受ける行為に当たります。
そこで問題になっているのが、脳死や、心停止後の臓器移植について、法律が定められていることです。
つまり、心停止した臓器の場合、臓器移植をするにあたって、非常に難しくなるということです。
脳死判定を受けるかどうか、また、脳死を死とみなすかどうかによって、臓器移植の考え方が変わってきます。
PR

2013.02.22|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]