忍者ブログ

子宮頸癌のウィルス - 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.06.25|コメント(-)トラックバック(-)

子宮頸癌のウィルス


この中で子宮頸癌は、女性の癌では世界で2番目に多い癌なのだそうですが、なんとなく乳がんかなと思っていたので、驚きました。
子宮頸癌を発症する20代から30代の女性の約7割から8割から見つかっているのが、ヒトパピローマウィルス16型と18型の2種類です。
ということは、性交渉を行なっているすべての女性が子宮頸癌にかかる可能性があるということなんですよね。

子宮頸癌の原因、ヒトパピローマウィルスについて、ブログやサイトなどで調べてみました。
ヒトパピローマウィルスが発見されたのは1983年ということなので、すごく最近になって子宮頸癌の原因というのが解明されたようです。
そして、子宮頸癌は、他の癌とは違い、原因が解明されているのが大きな特徴です。
ちなみにヒトパピローマウィルスは100種類以上のタイプがあるのですが、子宮頸癌の原因となるのは約15種類だそうです。
潜伏期間も長く、自覚症状もほとんどない子宮頸癌なので、定期的な検診を受けることが大切ですね。
ウィルスの発見は1983年ですが、2008年度のノーベル生理学医学賞がハラルド・ツア・アウゼン名誉教授に授与されています。
ウィルスには感染しても、子宮頸癌にまで進展するのは、ごく一部なんだそうです。
PR

2013.02.18|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 無料でわかる病気治療法と健康情報のススメ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]